初春の仙台

カテゴリー: 北海道・東北

初春の仙台


平成28年4月15日

1日目

伊丹空港で乗り換えで仙台空港に到着したのは午後1時過ぎ。
この日は仙台市沿岸部はひどい強風で飛行機の着陸時にも恐怖すら感じた。でもなんとか無事に着陸成功。着陸できなかったら羽田空港に戻るという条件付きフライトだったからホッとした。

IMG_5052.jpg
仙台空港アクセス線 仙台空港駅

強風のおかげで列車は速度を落としているとかで、約30分遅れでようやく乗車できた。

IMG_5054.jpg
車内

比較的新しい車両。降車する際に自分でドアを開閉するボタンがある。まるでパリの地下鉄車両みたいだ。

仙台駅に到着した際に、ホテルのチェックイン時刻までまだ時間があったので、昼食にとることにする。やたら広い構内をうろうろして地下鉄南北線に乗り換える。目的のお店は「たん家本店 旨味太助」。勾当台公園駅で下車して南2出口から徒歩5分ほどの場所。

IMG_5261.jpg

仙台市青葉区国分町2-11-11千松島ビル1F
11:30-22:00
定休日:月曜日

店内は満席状態だったが、運良くカウンター席が1席空いたのですぐに入店できた。一番人気の牛タン定食1,300円を注文した。思っていた以上のボリュームににっこり。タンは柔らかくて塩加減も丁度良い。卓上の薬味で好みの辛さにする。テールスープはしっかり出汁が取れていて、テール肉も柔らかで容易に骨が取れてしまう。本場の牛タンを堪能できた。でもたぶん、いや間違いなく、牛タンは国産和牛のものではないと思う。国産でこの値段はありえないから。

昼食後は地下鉄で仙台駅に戻る。

IMG_5091.jpg
仙台駅

駅から徒歩で宿泊ホテルのあるクリスロードに向かう。

IMG_5090.jpg
クリスロード

IMG_5062.jpg 
ホテルプレミアムグリーンプラス

宮城県仙台市 青葉区中央2-6-8
JR仙台駅西口(北6出口)からだと約6分。クリスロードのアーケード内に所在する。
チェックイン15:00、チェックアウト11:00

IMG_5149.jpg
ペッパーくん

2階のフロントには「ペッパーくん」が設置されていた。宿泊中に利用している人は見かけなかったが・・・

IMG_5060.jpg
客室

正直言って狭くて暗い。となりの生活雑音も通ってくる。ドアキーはカードではなく昔ながらのフロントに預ける普通の鍵だ。典型的なビジネスホテルだけど必要なものは最小限揃っていた。Wi-Fi完備、ケーブルも使用可、トイレは清潔でウォシュレットもあり。文句は言わない。部屋で1時間ほど仮眠をとった後、持参のMacBook Airで仙台グルメ情報を調べる。

夕刻になってから繁華街をぶらぶらと散策した。夕刻になると「クリスロード」や「サンモール一番町」の人混みはすごい。やはり東北一番の都市なんだと気付かされた。夕食はホテルでチェックしておいたお寿司屋さんへ。地下鉄東西線の青葉通一番町駅で下車して文化横丁に向かう。

IMG_5082.jpg
文化横丁

徒歩3分ほどで目的のお店に到着。

IMG_5065.jpg

宮城県仙台市青葉区一番町2-3-41
11:30-14:00 17:00-21:30
定休日:日曜・祭日

IMG_5265.jpg

せっかくだから政宗公5,000円をオーダーした。日本酒はまず店主おすすめの「伯楽星」をいただいた。

IMG_5086.jpg

にぎりは一貫ずつ握ってくれる。どうやら江戸前寿司でシャリは小ぶりで赤酢が効いている。ネタにもなにかしら味付けがされているので、そのまま食べるのが基本。お酒もすすむ。

IMG_5087.jpg

政宗公コースは握りが10個は出るのだとか。

IMG_5088.jpg

どれも本当に美味しかった。付き出し、にぎり11種、河童巻きと結構なボリュームだった。最後に日本酒「乾坤一」を飲みながら店主さんとの会話を楽しんだ。

IMG_5083.jpg
サンモール一番町

夕食後は「サンモール一番町」を散策し、ホテルまで徒歩で帰った。やはりすごい人ごみでびっくり。


平成28年4月16日

2日目

7:00起床に起床してシャワーを浴びて2階のレストランで朝食をとる。客はほとんどがビジネスマンの様子。

IMG_5161.jpg

窓際の席からは「クリスロード」を見下ろすことができる。

IMG_5160.jpg
ちょっと炭水化物多め

料理は品目はさほど多くはないが、自分にはぴったりの料理ばかり。カレーライスが結構美味しかった。

食後はキーをフロントに預けて、仙台観光に出かけることにした。事前に観光ルートは確認済み。お得な「るーぷる仙台」という巡回観光バスを利用することにした。

IMG_5097.jpg
「るーぷる仙台」車両

IMG_5092.jpg
仙台駅西口バスプール

「るーぷる仙台」の案内板に従って仙台駅西口バスプールの階段を下ると、赤いバス停(16番のりば)と発券所がある。

IMG_5095.jpg
地下鉄共通1日乗車券

地下鉄共通1日乗車券(900円)を購入。購入時にカード裏面に日付を記入してくれる。初回バス降車時に乗務員に日付の部分を提示してそのまま降車する。初回に地下鉄利用の場合はカードを通すと日付が印字される。1日乗り放題だからかなりお得なカード。

IMG_5096.jpg
バス運転席

まず最初は「瑞鳳殿」に行くことにした。バスに乗って15分ほどで「るーぷる仙台」4番停留所「瑞鳳殿前」に到着。

IMG_5112.jpg
瑞鳳殿前バス停
るーぷる仙台専用のバス停。

IMG_5101.jpg
瑞鳳寺

結構長い階段を上っていくと、途中で「瑞鳳寺」がある。最初ここが「瑞鳳殿」かと勘違い。

IMG_5102.jpg

境内には桜が見頃になっていた。ここで中国人女性グループと遭遇。
桜の枝を引っ張って頰に花を寄せて記念撮影に夢中。枝が折れはしないかと心配した。

瑞鳳寺から長い石段を登ると途中で左に曲がる石段が分かれる。その石段を登った先に「瑞鳳殿」がある。

IMG_5107.jpg
瑞鳳殿

仙台市青葉区霊屋下23−2 9:00~16:30
るーぷる一日乗車券を提示すると観覧料100円引

仙台藩祖伊達政宗公のお墓として有名な霊廟「瑞鳳殿」。昭和20年の戦災によって焼失し、昭和54年に再建。桃山文化の遺風を伝える豪華絢爛な装飾は圧巻の美しさ。

IMG_5109.jpg
近影

本当に見事な装飾だ。オリジナルは焼失したとはいえ、この色彩感覚は中国や韓国のものとは一線を画している。他にも二代藩主伊達忠宗公の霊屋「感仙殿」や三代藩主伊達綱宗公の霊屋「善応殿」もあるのだが、実は見た目はほぼ同じ。やはりこの「瑞鳳殿」が一番立派で壮麗な建築物。

30分ほどの見学の後は、長い階段を下ってさきほどのバス停まで向う。10分もしないうちにバスが到着。午前10時過ぎだったが、到着したバスの車中は満席で立っている人もいた。もちろんほとんどの人がここ「瑞鳳殿」で下車するので余裕で座れたのだが、結構人気の巡回バスの様子。

IMG_5122.jpg

次は10分もしないうちに到着した6番停留所「仙台城跡」で下車した。

IMG_5124.jpg

この宮城県護国神社の鳥居が登り口となる。数分ほど登ると目的の仙台城址がある。

IMG_5118.jpg
伊達政宗像

伊達家の居城だった仙台城址(青葉城址)にある。実にカッコいい像だ。この像は三代目で戦後に作られたものらしい。
これが見たくてここまで来たようなもの。実は高校時代の修学旅行で一度はここには来ているはずなのだが、記憶も記録も全くない。
ただ、行ったという事実だけは覚えている。

IMG_5120.jpg

政宗像の近くにはこの高い台座がある。台座というからにこの天辺にはかって何かがあったということ。

tobi.png
金鵄像

それはこの「金鵄(きんし)像」だったと後で調べてわかった。日露戦争で多くの犠牲者を出しその魂を悼むために建てられた像らしい。2011年3月11日の東日本大震災で被災して現在は修復中なのだとか。
天守台の傍らには仙台出身の土井晩翠が作詞し、大分県竹田市に住んだ瀧廉太郎が作曲した「荒城の月」の歌碑があるのだが、画像は撮り忘れた。

つぎに向かったのが「宮城県美術館前」。10分ほどバスに乗る。

IMG_5126.jpg
東北大学理学部

途中、東北大学理学部前を通過して「るーぷる仙台」10番停留所「国際センター駅・宮城県美術館前」で下車する。
あとは歩いて数分で美術館に到着する。

IMG_5127.jpg
宮城県美術館

仙台市青葉区川内元支倉34-1
9:30-17:00
るーぷる一日乗車券を提示すると特別展観覧料100円引

IMG_5128.jpg
ヘンリー・ムーア作「スピンドル・ピース」

IMG_5129.jpg

目的は特別展『レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展』を鑑賞するため。

IMG_5131.jpg
館内

アンギアーリ
アンギアーリの戦い

撮影は禁止みたいだったのでパンフレットから。

【備考】
「アンギアーリの戦い」は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす1440年のフィレンツェ対ミラノの戦争で、アンギアリ平原でフィレンツェが勝利したときの強烈な「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた作品。ちなみにダ・ヴィンチはその仕上がりに完全に満足はしていなかったため、未完の作品と言われている。
1503年、レオナルド・ダ・ヴィンチがフィレンツェ共和国からの依頼を受けて、ヴェッキオ宮殿(現在のフィレンツェ市庁舎)の大会議室「500人大広間」に描いたもの。1555年から1572年にかけて、ジョルジョ・ヴァザーリを中心に行われた改修の際に、反対側の壁に描かれたミケランジェロの「カスチーナの戦い」と共に失われたと考えたれていた。しかし、35年以上前にカリフォルニア大学のマウリツィオ・セラチーニ博士が指摘した、ヴァザーリ作のフレスコ画のフィレンツェ兵士が掲げている軍旗の文字”Cerca trova"「探せ、さすれば見つかる」がヒントになり、ヴァザーリが新たな壁画装飾によって隠し覆っていたことが判明した。2012年3月に正式に発見したと発表された。


「アンギアーリの戦い」の他にもウフィツィ美術館所蔵の名作などが展示されていた。たぶんイタリア旅行で一度見目にしたと思われる、見覚えのある作品もあった。1時間ほど美術館に滞在したのちに、地下鉄東西線で国際センター駅から青葉通一番町駅に向かった。もちろん昼食のためだった。青葉通一番町駅から徒歩でカレーショップへ向かった。

IMG_5263.jpg

宮城県仙台市青葉区一番町2-11-12
11:30~14:30 17:00~21:00
定休日:日曜・祝日
地下鉄東西線青葉通一番町駅で下車(南1出口)徒歩10分

「カレー2種あいがけ(750円)」を注文し、2種のカレーは「辛口 黒こしょうのチキンカレー」と「甘口 ずんだマサラ」を選択した。「ずんだマサラ」カレーに惹かれて行ってみたが、食べてみるとわりと普通に美味しいカレーだった。

IMG_5142.jpg
晩翠草堂

宮城県仙台市青葉区大町1-2-2

「荒城の月」の作詞で有名な土井晩翠の旧邸跡。邸中では案内人の方が先客の老夫婦の方たちに熱く晩翠について語っていた。土井晩翠のことはほとんど知らないので、自分のような何も知らない人間には敷居が高いと感じ、庭だけを拝見した。

IMG_5143.jpg

晩翠草堂を後にして、地下鉄東西線青葉通一番町駅から仙台駅へ向かった。
仙台駅から北へ数分歩くと「AER(アエル)」という複合商用高層ビルがある。

IMG_5147.jpg
AER

仙台市青葉区中央1-3-1 AER31F
10:30~20:00

IMG_5148.jpg
エントランス

「AER」は最上階の31階には無料の展望テラスのほか、レストランもある。展望テラスへは上層階専用エレベーターで昇ることができる。

IMG_5145.jpg
眺望1

IMG_5146.jpg
眺望2

さすがに人口100万人を超える大都市だ。計画的に整備されてきた都市なのだとわかる。

夕食は、仙台駅2階の「駅弁屋 祭」で購入しておいた駅弁2種。上下の画像で駅弁が左右入れ替わって撮影してしまう。

IMG_5264.jpg
【画像(下)】みやぎ三陸黄金海道(右)と牡蠣と炙り煮あなご弁当(左)

牡蠣が少し甘めに煮込まれていていたけど、全般的にどちらもかなりのクオリティだった。あなごは本当に美味しい。


平成28年4月17日

3日目

最終日は午前7時に起床して、ホテルで朝食を済ませて、そのままチェックアウトした。小雨が降っていたが、気温は昨日までよりは高めで、コートを着ていると汗がにじむ。

IMG_5165.jpg
仙台空港

平成23年3月11日に、この空港が津波にのまれていく映像を今でもはっきりと記憶している。

IMG_5164.jpg
出発ロビー

2泊3日の仙台プチグルメ旅だった。
2016/04/18(月) 22:50 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋の北海道、旭山動物園ツアー

カテゴリー: 北海道・東北

平成26年年9月25日
1日目

11年ぶりの北海道、札幌へ
まだ9月の下旬だが、さすがに空気が肌を刺すように冷たい、

空港内のグルメエリアにあるご当地で人気だというラーメン店「えびそば一幻」へ。
げたえびの香りで食欲をそそられスープまで完食してしまった。

札幌での宿泊は「アートホテルズ札幌」。ネットでの評価の高かったビジネスホテル。

IMG_2773.jpg

IMG_2774.jpg

朝食は申し分のない内容。なによりも温泉がよかった。
毎日朝夕2回利用させていただいた。
地下鉄駅までは徒歩5分くらいで、利便性の高いホテル。

初日の夕食は札幌市内で結構見かけるジンギスカンのチェーン店「松尾ジンギスカン」札幌駅前店。
遠い記憶にある以前どこかで食べたジンギスカンの嫌な臭みは全く、いくらでも食べられそうな美味しいラム肉だった。
骨つきのラムステーキも旨かった。


2014年9月26日
2日目

清々しい朝だった。大通公園では何やらイベントの準備?

IMG_2777.jpg

所用を済ませ、一旦ホテルに戻って温泉にゆったりと浸かる。
正直言うと時間もないはずだったし、札幌は二度目なので観光する気もなかった。
しかし、翌日が丸一日フリーになった。
札幌はもういいけど、あの有名な旭山動物園くらいは行ってみたいものだと思った。
夕方に札幌駅に隣接したビルにある中央バスのチケットセンターに向かった。
営業終了ギリギリのタイミングで翌日の「旭山動物園日帰りコース」のチケット(4000円)を購入できた。

チケットを購入した帰りに、夕食を摂るために再び大通公園へ。
朝見たテントやブースだらけの公園の理由がわかった。
「さっぽろオータムフェスト2014」という毎年恒例のグルメ祭りの期間中とのこと。
北海道の各地からご当地グルメが一同に集まり、夜な夜なお祭り騒ぎということ。

同僚と広く長い公園をうろうろしながら、結構いろいろ食べて、飲んで楽しかった。
夜はさすがに寒かったけど、席を確保するのが大変なくらいの人出で、大混雑だった。


2014年9月27日
3日目

さて、この日は早起きして朝食を済ませ、ツアーバスの出発時刻30分前に札幌駅バスセンターへ。

IMG_2781.jpg

昼食用に近くのコンビニでサンドイッチとチルド・カップのスタバのエスプレッソを買ってバスに乗った。

IMG_2782.jpg

旭川は結構遠い。途中サービスエリアでトイレ休憩をとって2時間30分くらいかかる。
幸い天候はよく、日中はちょっと汗ばむほどの暖かさだった。

旭山動物園に到着。

IMG_2783.jpg

IMG_2784.jpg

IMG_2785.jpg

さて、以下は記念に撮影した動物達。

まずはチンパンジーくん。

IMG_2786.jpg

オラウータン。

IMG_2787.jpg

エゾシカ。

IMG_2788.jpg

レッサーパンダ。

IMG_2789.jpg

エゾヒグマ。

IMG_2790.jpg

一番人気の「ほっきょくぐま館」。

IMG_2791.jpg

IMG_2792.jpg

IMG_2793.jpg

IMG_2794.jpg

長い行列を並んで参加できた大人気の「もぐもぐタイム」。

IMG_2795.jpg

ぺんぎん館。

IMG_2796.jpg

水中ドームで観察できる光景。これが「空飛ぶペンギン」。

IMG_2797.jpg

IMG_2798.jpg

あざらし館。

IMG_2799.jpg

きりん舎。

IMG_2800.jpg

ダチョウ。

IMG_2801.jpg

フラミンゴ(10月上旬までの展示)

IMG_2802.jpg

IMG_2803.jpg

IMG_2804.jpg

札幌に戻るバスの中では爆睡した。
札幌に着いた時には、すっかり日が暮れていた。
歩き疲れ、腰痛も悪化していたのでコンビニ弁当を食べて早めに就寝した。


2014年9月28日
4日目

最終日は帰るだけ。

IMG_2805.jpg

早朝5時に起きて、札幌駅から電車に乗って新千歳空港へ。

帰りの機上から眺めることができた、まだ冠雪していない富士山。
これもまた、いい感じの光景だった。

IMG_2806.jpg



2014/09/30(火) 20:27 | トラックバック(-) | コメント(-)

札幌・小樽・洞爺湖(平成15年6月)

カテゴリー: 北海道・東北

平成15年6月3日

1日目

羽田空港で乗り換えて北海道、新千歳空港に到着。
到着後、空港近くのレンタカー屋へ。
高速道路経由で札幌市内へ。

ホテルにチェックイン。

「札幌グランドホテル」
   札幌市 中央区北1条西4


すぐにホテル周辺を散策。
6月の北海道はとても気持ちがよい。

「北海道庁旧本庁舎」
【メモ】国の重要文化財で「旧道庁」、「道庁赤レンガ庁舎」、「赤レンガ」などと呼ばれる。

北海道庁旧本庁舎

有名な「札幌市時計台」
正直、「で、何なの?」と言いたくなる場所。

札幌市時計台

「さっぽろテレビ塔」
【メモ】「さっぽろテレビ塔」は大通公園の東端にあり、地上からの高さは147.2mの建造物。

さっぽろテレビ塔

「大通公園」
【メモ】札幌市街地の中心を東西に延びるグリーンベルトの大通公園(幅105m、長さ1.5km)は街路樹に囲まれ、芝生に浮かぶ花壇や噴水、多彩な彫刻に彩られて訪れる観光客や市民の憩いのオアシス。

大通公園

大通公園はとても騒がしく、スピーカーからがんがん騒がしいお音楽が流れ、
歓声と奇声が鳴り響いていた。
少しうんざりしながら歩いていて気がついた。

「YOSAKOIソーラン祭り」だった。
全国的に知られた「さっぽろ雪まつり」があるのに、何もこのようなイベント…
ダンス?大会には全く興味のない自分には少々迷惑。

連れと一緒にすすきの周辺の炉端焼きで食事。
本場の「ホッケ」はでかくて旨い。
食べたもの全てが美味しかった。
やっぱり北海道は食の宝庫だと思う。

ほろ酔い気分で、徒歩でホテルへ。
まだ、「ソレ、ソレ、ソレ、ソレ!」が続いていた。

平成15年6月4日

2日目

ホテルで朝食を済ませ、富良野へ行くことに。
道央自動車道を北上して滝川ICから高速道を降りる。
国道38号で富良野まで行き、国道237号を上富良野に向けて北上。
途中、中富良野の「ファーム富田」に寄る。

「ラベンダー園」

ファーム富田ラベンダー園

ラベンダーの満開には、まだ少し時期が早いようだった。

ファーム富田「花人の舎(はなびとのいえ)」

ファーム富田花人の舎

続いて国道237号で美瑛へ。

まず、「ケンとメリーの木」

ケンとメリーの木

すぐとなりにあるペンション側から撮影。

ここから5分ほどで「マイルドセブンの丘」

マイルドセブンの丘

雪がないとイメージが違う…畑も何も育っていなかった。

「ぜるぶの丘」

ぜるぶの丘

ここも花が咲いていないと寂しいものです。

ほかに「セブンスターの木」、「親子の木」などガイドブックを見ながら行ったり来たり。
【メモ】このあたりはパッチワークみたいに畑が並ぶことから、「パッチワークの路」と呼ばれる。

「北西の丘展望公園」

北西の丘展望公園

ここで休憩。
近くにあった店で買った「じゃがバター」は最高だった。

「パノラマロード」を走って再び富良野方面へ向かう。

パノラマロード

途中「拓真館」に寄ったりしながら、走っていると迷子になる。

一直線の道

どこ?ここ?
ず~っと一直線に道が続いている。
不思議な感覚。

カーナビで、真っすぐ行ってもよいと確認して富良野に戻る。

「麓郷の森(ろくごうのもり)」
【メモ】ドラマ「北の国から」で使用した「黒板五郎の丸太小屋」、風力発電のある「五郎3番目の 家」を中心に、森の写真館、彩の大地館、森の広場などが点在する自然の森。

「五郎の石の家」案内板

麓郷の森「案内板」

「倉本聰のことば」

麓郷の森「倉本聰のことば」

「五郎の石の家」

麓郷の森「五郎の石の家」

少し遅い昼食をとりに富良野の町中へ。

ガイドブックに紹介されていた「三日月食堂」
【メモ】ドラマ「北の国から」でも実際に撮影が行われた食堂。田中邦衛さんは個人的にもファンで 通っていた。いつも同じ変装をして同じ席に座るのでファンに取り囲まれたという。

三日月食堂

「正油ラーメン」、自分の大好きなスープだった。

食後は、札幌に帰ることにする。
帰路は高速道路は使用せず、山の中の道をカーナビの案内に従って進む。

翌日はどうしようかという話になり。
小樽へ行った後、洞爺湖まで足を延ばすことになる。
ガイドブックで調べた洞爺湖のホテルに携帯で予約する。
札幌グランドホテルは明日チェックアウトすることになる。

夕方、札幌市内に入り、「二条市場」へ。
【メモ】明治時代から札幌市民の台所として親しまれてきた市場。今では観光名所にもなっている。 約50店ほどの生鮮魚菜店が軒を連ね、往来に声高な売り声が響き渡る。

二条市場

散策しつつ、連れは蟹を試食しまくり。
自分は蟹アレルギーなのでスルー。
連れは毛蟹を土産用に購入し、クール宅急便で実家へ送る。

一旦ホテルへ戻り、少し休憩。
日が暮れてから「もいわ山展望台」へ行くことにする。
ホテルでタクシーを拾って山頂まで…とにかく寒かった…
【メモ】藻岩山は、札幌の中心からも比較的近い、標高531メートルの山。アイヌ語で、「小さな山」という意味。

もいわ山展望台

画像は見事なピンボケ。
デジカメで夜景が綺麗に撮れたことがない。
帰りは「もいわ山ロープウェイ」で下山。
札幌市電「ロープウェイ入口駅」から電車に乗って「すすきの駅」で下車してホテルへ。
雪の降る北国にも路面電車があるとは知らなかった。
read more...
2003/06/07(土) 12:00 | トラックバック(-) | コメント(-)
| ホーム |