Beef Atelier うしのみや

Beef Atelier うしのみや
 宮崎県宮崎市山崎町浜山
 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート1F
 18:00一斉スタート(1日6名まで)
 定休日:なし

宮崎のバブルの巨大遺産「シーガイア」。
5年前にセガサミーホールディングスが買収し、旧「ホテル・オーシャン45」を「シェラトングランデオーシャンリゾート」として再スタート。その宮崎一の巨大ホテルの1Fに平成26年9月に開店した「うしのみや」。熊本出身の放送作家 小山薫堂氏による総合プロデュース。あの今や世界的人気になった「くまモン」のプロデュースでも有名なお方。

thumb_IMG_3192_1024.jpg
わかりにくい入り口

thumb_IMG_3191_1024.jpg
大きな引きドアの小さな取っ手にロゴ

thumb_IMG_3190_1024.jpg
ウェイティングルーム

thumb_IMG_3188_1024.jpg
店内

店内はカウンターの6席しかない。

thumb_IMG_3134_1024.jpg
ナプキンも牛の形に折られているというこだわりよう

メニューは「究極の牛肉割烹コース」13,000円のみ。
「肉好きのみなさんに、宮崎牛のいろいろな部位の肉を少しずつ、宮崎県産のお野菜と一緒に楽しんでほしい」というコンセプトで提供される牛肉割烹。

平成27年4月14日

一度は行ってみたいと思っていたが、スタート時刻が午後6時と決められているため、なかなか都合がつかなかった。
入り口が分からずうろうろしていると、あやしい大きなドアの前に立っているスタッフさんに声をかけられる。

まずは、ウェイティングルームに通され、宮崎県産野菜の「肉旅への一杯 旬菜青汁」を飲みながら午後6時のスタートを待つ。
この日の予約は自分たち二人だけ。つまり貸切状態。平日はさほど予約がないのだろうか?

当日は女性シェフが担当してくれた。おしゃべりが上手な方で最後まで楽しませてくれた。
今月からコースの内容が新しくなったということ。

thumb_IMG_3136_1024.jpg
これが、当日ふたりで食べたお肉と野菜

【コースの内容】
味や食感は面倒なので画像のみ。どれも美味しくないわけがない。

thumb_IMG_3138_1024.jpg
「牛八寸」
左から宮崎牛肩ロースの湯引き洋風茶碗蒸し「肉うどん」、宮崎牛肩ロースの南蛮漬け、きんぴら牛蒡マサラ風

これが前菜になる。どれも肉料理だが・・・

thumb_IMG_3153_1024.jpg
「生野菜」
彩り野菜の「うしのみや」サラダ

ライスペーパーで巻いたサラダ。
「まさかパクチー入り?」と聞いたが、「入ってませんよ」って笑われてしまった。

thumb_IMG_3140_1024.jpg
炭火焼

thumb_IMG_3142_1024.jpg
「一の肉」
宮崎牛フィレの鉄板焼き、炭火焼

thumb_IMG_3144_1024.jpg
「二の肉」
宮崎牛ロース

thumb_IMG_3145_1024.jpg
「二の肉」
ピーマン

thumb_IMG_3146_1024.jpg
「二の肉」
塩昆布巻き

thumb_IMG_3162_1024.jpg
「焼き野菜」
二種(たまねぎ)

thumb_IMG_3160_1024.jpg
「焼き野菜」
二種(しいたけ)

thumb_IMG_3147_1024.jpg
メニューにない「中落ち」

運が良ければ提供されるということ。

thumb_IMG_3150_1024.jpg
「三の肉」
佐土原なすのソテー 牛時雨煮のせ

大好きな牛肉しぐれ煮が出るとは、感激。

thumb_IMG_3152_1024.jpg
「碗物」
牛スネ肉のコンソメスープ

スープまで牛とは。

thumb_IMG_3154_1024.jpg
「四の肉」
宮崎牛塩ハンバーグ

thumb_IMG_3155_1024.jpg
「五の肉」
宮崎牛フィレの唐揚げ

牛肉の唐揚げなんて初めてだった。

thumb_IMG_3157_1024.jpg
「六の肉」
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

これまで一番美味しいと感じた少し甘めのビーフシチュー。

thumb_IMG_3159_1024.jpg
「七の肉」
ハラミ三昧 ニラ・生姜

thumb_IMG_3161_1024.jpg
「七の肉」
ハラミ三昧 山椒

thumb_IMG_3163_1024.jpg
「七の肉」
ハラミ三昧 柚子胡椒

コースの始めの方では、一つ一つのお肉の大きさが小さいので物足りなさを感じていたが、
この辺りから結構な満腹感を自覚し始める。

thumb_IMG_3165_1024.jpg
しばらく前から気になっていたタジン鍋

thumb_IMG_3167_1024.jpg
「八の肉」
宮崎牛ロースのトマトすき焼き

タジン鍋の中身はすき焼きだったが、最期にステーキを乗っけてくれる。

この後で、お好みで「御食事」がメニューにあった。
たまごどんかたまごうどんはどうかと聞かれたが、連れも自分もさすがに炭水化物はもう受けつけないほどの満腹状態。
なのでこれは残念だったけどお断りした。

thumb_IMG_3184_1024.jpg
デザート
日向夏と完熟きんかん「たまたま」

thumb_IMG_3185_1024.jpg
「水菓子」
牛乳アイス

thumb_IMG_3186_1024.jpg
フレンチトースト

thumb_IMG_3187_1024.jpg
食後のコーヒー

超満足な宮崎牛のフルコースだった。これで13,000円はむしろお安いと思う。
シェラトンに宿泊する県外からの観光客の方たちにも是非味わってもらいたいものだ。

途中で気がついたが、実はこのお店は同じフロアにある「鉄板焼き ふかみ」の個室と隣接していて、
スタッフさんは度々「ふかみ」のほうへ出入りされていた。実質的な運営は「ふかみ」なのだろうか。

機会があれば、また来たいものだ。