ソウル(2016年3月)

2016年3月11日

1日目

3年6か月ぶり。久しぶりのソウル。今回は、知人夫妻と4人での観光。いつも通りのグルメの旅の予定。
昨年オープンしたばかりの明洞駅至近のロワジールホテルソウル明洞に2泊。H.I.S.で航空機運賃込み(送迎あり)で39,800円の格安パック旅行。

IMG_4853.jpg
アシアナ航空機の機内食

往路の機内食はGood! 宮崎市の仕出屋さんの弁当だろうか、いわゆる幕の内弁当だった。ボリュームは少ないが美味しかった。

仁川国際空港からホテルに到着するまでに免税店に立ち寄るのはパック旅行だからしかたない。今回は「東和免税店」に約1時間近く立ち寄った。でも全く買い物する気が全くないので、免税店ビルを出て、道を渡ったところにあるコーヒーショップで時間を潰した。

光化門周辺

HOLLYS COFFEE 光化門店
 ソウル特別市中区太平路1街76-1
 7:00~23:00
 休業日:旧正月・秋夕の当日

IMG_4859.jpg
HOLLYS COFFEE 光化門店

アルバイト店員さんは日本語は勿論、英語も通じない。手持ちのウォンがなかったのでカードで支払ったが、クレジットカードが通じない(カードを見せているのにもかかわらず・・・)。奥で仕事をしていた女性スタッフが気がついて対応してくれた。

IMG_4857.jpg
店内

IMG_4856.jpg
アメリカーノ(手前)とアイスカフェモカ(奥)

アメリカーノはとにかく熱湯のような熱さだったので、少しずつ飲んでいるとあっという間に40分程度は時間が過ぎていた。退屈はしないですんだ。そして結局、ホテルに到着したのは午後5時30分頃だった。

明洞

ロワジールホテル ソウル明洞
 ソウル中区忠武路1街24-1

IMG_4864.jpg
ロワジールホテル ソウル明洞(Loisir Hotel Seoul Myeongdong‎)

IMG_4869.jpg

構えは立派だが、実はビジネスホテル。

IMG_4860.jpg
客室内

内装はシンプル。壁紙の剥がれているところがある。しかも壁は薄っぺらで隣室の音が通ってくる。まだ開業1年にもならないのに、トイレのドアは壊れていた。

IMG_4861.jpg
客室内

でも明洞駅の真上に建っているという立地と、そこそこの清潔感はあるのでコスパはよいと言っていい。

IMG_4863.jpg
窓より撮影

Nソウルタワーがすぐそこに見える。

小休憩の後に知人夫妻とともにいつもの狎鴎亭の焼肉屋さんに向かうことにした。ホテルを出て、まず両替所に向かう。今回は一番レートの良い場所をチェック済み。それは「大使館前両替」だ。ホテルから歩いて5分ほどの場所にある。全員1万円を両替してもらった。そして明洞駅の自販機でこのカードを購入した。

IMG_5183.jpg
「T-money」カード(3,000₩)

これまで利用していた「Single Journey Ticket」より断然お得らしい。よくは理解していないが、乗車距離(乗り換え含む)で上限金額が設定されているらしい。たぶん1,250₩だと思う。もちろんバスにも乗れるし、コンビニでも使用出来る。このカードに10,000₩をチャージして、狎鴎亭に出発。

前回までは確かなかったはずの新しい路線「盆唐線」があり、目的の焼肉屋さん近くまで電車で行けるようになっていた。「明洞」→「東大門歴史文化公園」→「往十里」→「狎鴎亭ロデオ」と2度の乗り換え。一度も改札を出ないで乗り換えが出来た。

江南区

サンボンファログイ 狎鴎亭本店
 ソウル特別市江南区新沙洞657-17
 11:30~23:00
 年中無休

IMG_4934.jpg
サンボンファログイ 狎鴎亭本店

「狎鴎亭ロデオ」駅から地上に出て歩いて5~6分で到着した。これまでは「狎鴎亭」駅から20分以上は歩いていたように思う。

IMG_4952.jpg
店内

IMG_4937.jpg
おかず数々

IMG_4942.jpg
味付け牛の三枚肉(ウサムギョプ:11,000₩)

これで6人前の量。

IMG_4943.jpg

どっさり乗せて一気に焼き上げるのこつ。フルーツのタレに漬け込まれているのでこのままでも十分に美味しいが、コチュジャンやキムチと一緒にエゴマでまいて食べるとさらに美味しい。

IMG_4944.jpg
水冷麺(ムルレンミョン:5,500₩)

2人前を注文。

IMG_4950.jpg

今回は忙しいのか店員さんが麺を切ってくれなかったので、自分たちでハサミで切って食べた。プロのようにうまくは切れない。

IMG_4951.jpg
茸セット(ポソッセットゥ:6,000₩)

あとは男二人で瓶ビール(メクチュ:4,000₩)を2本空けたが、4人分で総額91,000₩だったから日本円で10,000円もしない。いつ来ても満足する美味しくてコスパのよい焼肉屋さんだ。

明洞

夕食後は明洞に戻り、人混みの中を屋台のB級グルメやコピー商品やスマホのカバーなどを物色しながらぶらぶら散策した。ちょうど「SAVOY HOTEL」の前を通りかかったところで女性陣がホテル2階の「BEANS BINS COFFEE」を発見する。

IMG_4961.jpg
SAVOY HOTELエントランス

BEANS BINS 明洞店
 ソウル市中区忠武路1街23-1 SAVOY HOTEL 2F
 7:30~24:00(L.O.23:30)
 年中無休

IMG_4960.jpg
BEANS BINS COFFEE

IMG_4865.jpg
イチゴのワッフル

IMG_4866.jpg
フルーツのワッフル(パイン、バナナ、キウイ、マスカット)

甘いものは別腹というが、さすがにこのボリュームは、焼肉の後ではありえない。半分でも結構きついデザートになった。お腹の空いているときに食べると美味しかったと思う。

このあとは、マッサージに行くという3人と別れて一人で先にホテルに戻った。部屋に入るといきなりムッとした温かいこもった空気で息苦しくなる。「あれっ?なんでこんなに暖かいんだ?」と、エアコンの操作パネルの温度表示を見ると室温28度。外気は5度くらい。何度設定し直しても下がらず、挙げ句の果てには30度になってしまった。つまり、エアコンはぶっ壊れていた。しかたないので、エアコンをオフにして、窓を少し開けて外気を少し入れると丁度良い温度になった。客室のメンテナンスもよろしくない様子。


2016年3月12日

2日目

中区市庁舎周辺

朝食はCity Hallのすぐ近くの「干し鱈のスープ」のお店で。こちらも再訪。メトロで「City Hall駅」から徒歩10分もかからない距離。

武橋洞プゴグッチッ
 ソウル特別市中区茶洞173
 月~金 7:00~20:00(L.O.19:00)、土・日曜 7:00~16:00(L.O.15:00)
 休業日:旧正月・秋夕の連休

IMG_4971.jpg 
武橋洞プゴグッチッ

朝7時から営業している。この日は午前9時過ぎに入店した。

IMG_4963.jpg 
店内

満席だったけど回転が速いのですぐに席に案内される。座っていれば、特に注文しなくても料理は運ばれてくるのだが、今回は目玉焼きを追加でお願いした。

IMG_4964.jpg
取り放題のキムチ

白菜キムチのほか、甘辛く味付けされたニラと、キュウリの和え物がある。

IMG_4965.jpg
エビの塩辛

これをスープに加えて好みの味に調節する。

IMG_4966.jpg
干し鱈のスープ

IMG_4970.jpg

薄めのスープに具は干し鱈、豆腐、ネギ、溶き卵が入っている。エビの塩辛とキムチを適当に投入して食べると最高にうまい。店の人はキムチは入れるなと言うから、こっそりと入れて食べる。

IMG_4969.jpg
目玉焼き

普通の目玉焼き。でも何もないよりはご飯が美味しい。

朝食後は、2日目おきまりの南大門散策へ。

南大門市場

IMG_4877.jpg

まだ開店前の店が多いが、日本人の女性グループや、中国人の家族連れがパラパラと見受けられた。女性陣は傘やバッグやポーチの類を物色していたが、結局は何も買わない。いつものように、「新世界百貨店」とFamily Fashion「mesa」のビルのある交差点へ向かう。

IMG_4878.jpg

まず、こちらの露天の靴下屋さんで10足を10,000₩で購入した。

このとき直ぐ近くの「光日社 ノリのり韓国」の社長さんから「うちに来てくださいよ」と声をかけられる。

IMG_4879.jpg

そして言われるがままに、画像左奥の黄色い垂れ幕「ノリのり 高麗人参」のかかっているお店に強制連行される。

光日社 ノリのり韓国
 ソウル特別市中区会賢洞1街202-6 帝王ビル104号
 9:00~20:30
 休業日:第2・4日曜、旧正月・秋夕の当日と翌日

画像は撮り忘れた。日本語の流暢な初老のご夫婦と息子さんで営業されている。こちらの韓国のりは油少なめで塩味もやや控えめだが、味はしっかりしている。のり以外にもいろいろ試食させていただいたが、とりわけ気に入ったのがチャンジャ。店内には大阪の鶴橋の焼肉屋さんの名刺と注文控えが何枚か貼られていた。たくさんのおまけサービスをしてくれて、さらにホテルまで配送してくれるありがたさだ。約1時間はこのお店で足止めをくらったが、社長さんも奥さんもとてもいい人で会話も楽しい。お値段はかなりお安めで、お徳な買い物ができたと思う。お土産も全てここで買った。

IMG_5187.jpg

「ノリのり韓国」を出て直ぐの場所にあるのがこの露店。ここでホットクを食べるのがここ数回のソウル旅行のお決まり。

IMG_5189.jpg

手際よくホットクを焼き上げていく。

IMG_5190.jpg

カップの底には甘い糖蜜ソースが入っている。ボリュームもあるし味も言うことなし。

ホットクを食べたあとは、南大門から徒歩で仁寺洞店へ行くことにした。

途中、ロッテホテル隣接のロッテ免税店があるので立ち寄った。自分は買うものもないし、中国人でごった返しているフロアは騒がしいので、エレベータ近くにあった椅子に座って昼寝をした。中国人家族は通路に座っておしゃべりをしている。寝ている人もいる。

約1時間ほどして女性陣が満足したのちに免税店を後にする。

清渓川

IMG_4880.jpg
清渓川

清渓川の橋を渡ったところで、小さな喫茶店(確かcaffebene)でドラマの撮影をしているところに遭遇した。しばらく見学したが、韓流スターには興味がないので女優さんも男優さんも全くわからない。

仁寺洞

撮影終了後は仁寺洞のメインストリートに入ってすぐにある話題のかき氷の店へ。予定では焼肉屋さんに行く予定だったが、ホットクを食べたことから食欲がなくなっていたので軽く済ませることになった。

ソルビン(雪氷)仁寺洞店
 ソウル市鐘路区仁寺洞39 2-3F
 10:30〜22:30
 年中無休

IMG_4895.jpg
ソルビン仁寺洞店

IMG_5192.jpg
カウンター

IMG_4881.jpg
店内

IMG_4882.jpg
インジョルミソルビン(きな粉ビンス)

パウダースノーのようなサラサラのかき氷の上に、大量のきな粉が載せられている。この上に少しずつ練乳をかけて食べていく。かき氷の中にはお餅が数個隠れている。何故か最後までかき氷は溶けない。何かが混ざっているのだろうか。

かき氷の後、どうしようかと相談したが全員ノープラン。しかたないので、ずっと以前に行ったことのある直ぐ近くの韓国茶専門店に行くことにした。

アルムダウン茶博物館
 ソウル市鍾路区仁寺洞193-1
 10:30~21:50(L.O.21:15)
 旧正月・秋夕の当日

IMG_4884.jpg
アルムダウン・チャ・パンムルグァン

IMG_4888.jpg
店内

開放的で静かでとても気持ちの落ち着く店内。お茶を飲むために最適な環境を演出している。

IMG_4885.jpg
メニュー

以前はなかったと思うが日本語メニューが用意されていた。

IMG_4886.jpg
五味子茶

IMG_4894.jpg
茶名忘れた

IMG_4891.jpg
茶名忘れた

明洞

1時間ほどここでゆっくりしてタクシーでホテルに帰ったが、自分はメガネが欲しかったので、そのまま「KAIST眼鏡」へ行く。ホテルから3分ほどの場所にある。昨年TV番組「アナザースカイ」に出演した坂上忍さんが大人買いした店。

KAIST眼鏡
 ソウル市中区忠武路1街24-18
 8:00~24:00
 年中無休

画像はない。フレームを選んだ後、簡単な視力テストを受ける。日本語は全く問題なし。レンズをフレームに合わせてやや薄めにしたので100,000₩だった。40分でできるというのでカードで支払いをして一旦ホテルに帰った。

ホテルで2時間ばかり仮眠してから夕食に出かける。メガネの受け取りも忘れない。行き先は東大門。タッカンマリという鶏の水炊き料理を是非食べたくて、事前に店も決めていた。タッカンマリは鶏まるごと1羽という意味らしい。

東大門市場

陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ
 ソウル特別市鍾路区鍾路5街265-22
 10:30~25:00(L.O.23:30、入店は22:30まで)
 休業日:旧正月・秋夕前日と当日

IMG_4899.jpg 
陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ

東大門駅から徒歩7分ほどで到着。この通りをタッカンマリ通りというらしい。通りの片側にはタッカンマリ屋さんばかり。その反対側には焼き魚屋さんばかり。

このお店に到着したのは午後6時過ぎだったが、入り口周辺にはすでに大勢の人だかり。他のお店は店内にお客さんが数名いるくらい。中に入ると人数を聞かれて順番待ちの数字が書かれたカードが渡される。あとは外で入り口上部にある電光掲示板に自分のカード番号が表示されるのを待つだけ。店の前には見たこともない形状の屋外用のストーブが2機置かれていて、それが結構暖をとれるすぐれもの。ストーブのそばで待っていると20分ほどの待ち時間で入店できた。

IMG_4909_1.jpg  
店内

こちらのお店もメニューはない。席に着くと何羽?と日本語で聞かれるだけ。だいたい1羽が2人前だという。

IMG_4901.jpg 
鶏の水炊き1羽 20,000₩(画像は2羽分=4人前)

このお店でのお作法は全くわからなかったが、たまたま隣の席にソウル在住の日本人母娘2名の常連さんがいて、詳しく説明してくださった。

IMG_4903.jpg 

タレは卓上の酢1・醤油1・マスタード1をよく混ぜて、好みの量のタテギを加えて自分で作る。タテギは味付けみそのことでねぎ、にんにく、しょうゆ、、コチュジャン、塩、こしょう、砂糖などを調合して作るらしい。

IMG_4908.jpg 

常連はこの赤みで大体の味がわかるらしい。

IMG_4910.jpg 

鍋には店員さんが良いというまで手をつけてはいけない。沸騰してくると店員さんがやってきて、ジャガイモの煮え具合をチェックしてから鶏肉にハサミを入れてくれる。食べてみると鶏肉から骨が簡単に外れてしまうほど煮込まれている。スープは鶏肉ベースの上品な野菜スープだ。「うまい!」4人で笑顔で黙々と完食してしまった。途中、じゃがいもとネギを追加注文。

IMG_4913.jpg 

堪能した鍋の〆は韓国風うどんのカルグッズを投入。スープが麺にもよく合っている。
他に男性陣はビールにマッコリを飲んだが、会計は60,000₩ちょっと。安すぎる!!

東大門

IMG_4914.jpg 
東大門

大満足の夕食後は明洞に帰って夜の散策。

明洞

IMG_4918.jpg 

前回よりは日本人観光客が戻ってきているみたいだが、変わらず圧倒的に中国人観光客のほうが多い。

IMG_4916.jpg 

女性陣がバナナの唐揚げ(Fried Banana)を見つけてひとつだけ注文。1個食べたがこれは微妙な代物。もともとのバナナが甘くないし、唐揚げの衣もまずい。

お口直しに、2日目の韓国スイーツ。

CAFE John & Jin’s
 ソウル市中区忠武路1街23-8 2F
 9:00~23:00
 無休

IMG_4921.jpg
John & Jin’s Cafe

SAVOY HOTELの近くのビル2階にあるお店で、実は早朝から営業していることでも知られている様子。

IMG_4919.jpg
店内

IMG_4920.jpg
ハニーブレッドセット(シナモンキャラメルとチョコアイス)

分厚いトーストにはバターが染み込んでいる。もちろん美味しいのだが、カロリーは相当なものだと思う。4人だからなんとか食べられるというもの。

この後は、前日同様に自分は先にホテルに戻ったが、他3名はまたまたマッサージに向かう。ほんと好きだな。明日は早朝便で帰国する知人夫妻とはここでお別れした。


2016年3月13日

3日目

最終日は8時前には起床。シャワーを浴びてから朝粥を食べに出かける。

IMG_4926.jpg
ホテルのエレベーターから撮影した明洞

今日は小雨が降っている。最終日でよかった。

IMG_4925.jpg

この時間は、ほとんど歩いている人がいない。左側の掃除中の白いキャップのおじさんがいる場所がお店の入口。

多味粥
 ソウル特別市中区忠武路1街22-1 B1F
 7:00~20:00(L.0.19:30)
 年中無休

IMG_4924.jpg
多味粥

お店は地階にある。

IMG_4922.jpg
店内

どうやら、ここは中国人観光客に侵食されていないお店の様子。お客さんは全員日本人だった。

IMG_4923.jpg
アワビ粥

一番人気というアワビ粥(15,000₩)を注文。お粥はどのお店にいっても20~30分は普通に待たされるが、お粥だからしかたない。野菜とあわびがたっぷりの胃にも優しい、美味しいお粥だった。なぜ日本でもお粥専門店が朝からやっていないのか。大抵は夜の飲み会あとの〆で立ち寄るお店ばかり。

朝食後はホテルの部屋でチェックアウトの11時まで二度寝。チェックアウト後はフロント階でガイドさんを待つ。

そして帰路でも、どうでもいいボッタクリに近い価格の免税店で約40分を無駄に使う。

仁川国際空港

仁川国際空港では、小型の無人のチェックイン機が設置されていた。2人のパスポートをかざすと予約便の座席指定画面になる様子。自分たちでもできそうなものだが、女性4人のグループが別のマシンでチェックインしようとしたら、ガイドさんは「失敗したら他の皆さんの迷惑になるから勝手にしないで!」とかなり神経質。仕事に忠実といえばそうなんだが、怒らなくてもいいのに。

スーツケースを預けてから、出国審査を受ける前に軽い昼食をとった。

A TWOSOME PLACE
 仁川広域市中区雲西洞2851 仁川国際空港B1F 交通センター内
 7:00~21:00
 年中無休

IMG_4929.jpg
A TWOSOME PLACE

IMG_4931.jpg

たしかベーコン・レタスだったと思う。美味い。

これで2泊3日の久しぶりのソウルグルメの旅も終了。よく食べたなぁ。また体重が気にかかる。