こうちゃん

こうちゃん
 宮崎県宮崎市千草町8-17
 17:00~26:00
 定休日:年末年始のみ

IMG_5327.jpg
外観

知らない人は、とにかく二の足を踏みそうな店構え(笑)
提灯が昭和レトロ感を漂わせている。

IMG_5321.jpg
店内

店内は清潔そのもの。なにより鉄板がよく手入れされている。

IMG_5318.jpg
メニュー

平成28年8月5日

再訪。
また急に広島焼きを食べたくなり行ってきた。
好みはあると思うけど、ニンニクと唐辛子がたっぷり入ったソースは病みつきになる。

IMG_6337.jpg
こうちゃん焼(900円)

おじちゃんのパフォーマンスを見ながら完成を待つ。
味は30年前と全く変わっていない。野菜と豚肉とエビがたっぷりの一品。

IMG_6336.jpg
焼そば(600円)

これも相変わらず野菜がたっぷりですごいボリューム。

美味しくいただきました。


平成28年5月25日

30年近く前に、宮崎市の中心部の賃貸マンションに住んでいた頃、連れと一緒に、あるいは飲み会の帰りによく通っていたお店。当時の宮崎では珍しい広島風お好み焼きのお店で、豪快な焼き方と、なによりソースの味が独特で気に入っていた。
当時は清水町のビルの1階に店があったが、いつの間にかビルがマンションに建て替えられ、閉店したのだと勝手に考えていた。実はこちらの県立宮崎病院の近くに移転されていた。
たまたま、「こうちゃん」の名前を思い出して検索したらヒット!まだ営業されていると知って、早速連れと行ってきた。

暖簾をくぐると、懐かしいおじちゃんの顔がまず目にはいる。「覚えてる?」と聞くと、「あー、どっかで見た顔だと思ったんだ。」と笑った顔が昔のまま。広島出身で若い頃はヤンチャをしていたというご主人。強面だけど本当はやさしいおじちゃんだ。

注文は「焼きそば(600円)」と「こうちゃん焼き(900円)」にする。いつもこの二つを食べていたのを覚えている。

IMG_5323.jpg
焼きそば(未完成)

とにかく野菜がいっぱい、特にもやしの量が半端ないので、結構なボリュームになる。

IMG_5324.jpg
焼きそば(完成)

一口食べて昔と変わらないソースの味に感激した。おたふくソースにニンニクと唐辛子をブレンドしているらしい。したがって食べていると額に汗がにじんでくる。他店の甘ったるいソースとは全く異なる、大人向けのソース。

IMG_5329.jpg
こうちゃん焼き(生地)

IMG_5328.jpg
こうちゃん焼き(大量の野菜にエビたっぷり)

呆れるほどのボリュームも昔のまま。野菜の量の多さは半端ない。エビがたっぷり。

IMG_5320.jpg
こうちゃん焼き(さらに豚肉たっぷり)

IMG_5322.jpg
こうちゃん焼き(裏返して重しが載る)

この重しも昔のまんま。となりでそばの炒め作業が始まる。

IMG_5325.jpg
こうちゃん焼き(そばの上に載せて卵焼きを作る)

重しをどけて、そばに載せ、続いて卵焼きの上に載せる。

IMG_5326.jpg
こうちゃん焼き(完成)

「ああ、この味だね。いいね。」と汗を拭きながらあっという間に完食。この独特のソースは好き嫌いがはっきり分かれると思うけど、辛口カレーが好きな人ならたぶん気にいると思う。また、昔のように繁盛して欲しい。