カッパドキア

2009年7月12日

3日目

朝食後、バスで空港へ。 ガイドさんにお別れをして空路イスタンブールのアタテュルク空港へ。

アタテュルク空港
アタテュルク空港

乗換えにかなりの待ち時間。

トルコ航空機でカイセリ空港に到着。 もう日暮れ。

カイセリ空港
カイセリ空港

空港からバスで70キロメートル離れたカッパドキアに到着。

Kaya Hotelフロント
Ataman Uchisar Kaya Hotel

宿泊した洞窟ホテル「Ataman Uchisar Kaya Hotel」のフロント

Kaya Hotel客室
客室は洞窟風のアレンジ

Kaya Hotel浴室
浴室

今日は、移動だけだった。


2009年7月13日

4日目
快晴!
朝、ホテルのレストランからの眺望が実にすばらしい。

レストランのテラスから

特にレストランからの眺めが最高。

Kaya Hotel外観
ホテル外観

プール付きのリゾートホテル。

レストラン

食事はトルコもエジプトと似たようなもの。

Kaya Hotel朝食
デザート類はほんとう甘すぎる

食後、バスで世界遺産カッパドキア観光。 まずはウチヒサールへ。

ウチヒサール
ウチヒサール

土産物屋さんで目玉の魔除け「ナザール・ボンジュ」を10個購入。 トルコ土産の定番。
値切って、さらにおまけに1個いただく。

Nazar Boncugu

続いて「ギョレメ野外博物館」へ。

【メモ】11~12世紀頃のキリスト教徒が迫害を受けながらも信仰を続けるために作った洞窟教会群。「ギョレメ」とは「見てはならぬもの」という意味。

入場してすぐ左側にあるのは僧院。

ギョレメ野外博物館入口の僧院
ギョレメ野外博物館

「ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群」として1985年に世界複合遺産に登録。

ギョレメ野外博物館

奇岩に穴を掘って造られた教会と、その中の壁面に描かれたプレスコ画を公開。

Apple Churchの壁画
「Apple Church」の内部の壁画
 
Dark Churchの壁画
「Dark Church」の壁画

別料金だった。壁画にはキリストの一生が描かれているらしい。

ほかにも「Snake Church」、「Sandal Church」など多数の洞窟教会がある。

BORA Restaurant
BORA Restaurant

昼食は洞窟レストラン「BORA Restaurant」で焼魚料理。 正直だめだった。画像もなし。

昼食後、「ゼルベの谷」へ移動して奇岩群を見学した。

ゼルベの谷
ゼルベの谷

次は、「ギョレメの谷」へ移動。

ギョレメの谷展望台
ギョレメの谷

ここには展望台がある。 エアーズロックもどきの「ローズバレー」が見える。

トルコアイス
トルコアイスの実演販売

ガイドさん曰く、「ここのトルコアイスは食べても下痢しないよ。」
つまり、食べなさいということでしょうか。連れが買ってあげる。おきまりのお遊び(芸)を見せてくれた。

ギョレメの谷展望台をあとに「カイマクル地下都市」へ。

カイマクル地下都市
カイマクル地下都市

矢印に従ってコースを進むが、子供の頃の探検みたいで楽しい。 ワイナリー、食糧庫、トイレ、そして通気口も整備されていた。

バスで移動しつつ、「ウルギュップ・エセンテペ」へ。

エセンテペ三姉妹の岩
有名な「三姉妹の岩」

Imaginary Valley
デブレントの「Imaginary Valley」

想像力次第でラクダやペンギン、ナポレオンの帽子に見えるとか。 いえ、見えるわけない。すみません。

EVRANOS Restaurant
EVRANOS Restaurant

最後は洞窟レストランで夕食。

レストラン内部
店内
ここは、普通においしい料理だった。 メインの魚料理以外はだけど・・・

夕食

新婚さんと誕生日を迎えたご婦人を祝って、皆でトルコワインで乾杯!

Kaya Hotel正面玄関
「Kaya Hotel」の正面玄関

明日は、バスでコンヤまで220キロメートルの大移動。 ビール飲んで早めに寝る。

1、2日目へ>・・・・<5日目へ