パムッカレ

2009年7月15日

6日目

DEDEMAN KONYA

朝食はとてもシンプル。

0715369DEDEMAN KONYA朝食
とろとろオムレツとハム各種

0715370DEDEMAN KONYA朝食
各種のパン

これでも今回のツアーのなかではかなりマシな食事。

今日はバスで「パムッカレ」まで、なんと440キロメートルの移動。

Nasreddin Hoca

途中、昼食に立ち寄ったドライブインに「ナスレディン・ホジャ」というトルコの民話のとんち爺さんの像があった。

ナスレディンホジャ
後ろ向きにロバにのっている老人

実在の人だったかどうかはわからないけど、日本の一休さんみたいにとても有名なんだとか。

ドライブインでの昼食。

0715372ドライブインで昼食
ポテト、インゲン、豆を煮込んだスープ

0715373ドライブインで昼食
ライスと鶏肉の料理

食後はまたまたバスでの長時間の移動。やっとのことで連れの今回の旅の目的地パムッカレにたどり着く。

Pamukkale(Hierapolis)

【メモ】「ヒエラポリスとパムッカレ」、1988年に世界複合遺産に登録。アナトリア高原の街・パムッカレに純白の大地・石灰棚が広がる。

パムッカレ
パムッカレ

観光のために温泉ホテルがたくさん建設され、ここの温泉が枯渇の危機に陥ったため、ほとんどが入場制限されていて、入場できるのは狭い範囲のみ。奥の方には綺麗な石灰棚が見えるが監視員がいて入ることはできない。

パムッカレ入場可部分
パムッカレの入場許可範囲

テレビで見た光景とは全く違っていた。少し残念だった。が、しかし、写真の観光スポットとは反対側に少し行くと、一部だがテレビの撮影に使用される絶景の場所があった様子。あとで、同じツアーのお客さんに聞いてさらにがっかり。連れは「もう1回行きたい!」と言いだす。

ここにはヒエラポリスと呼ばれるローマ時代の都市遺跡がある。

ヒエラポリス遺跡の柱
ヒエラポリス

その中には温泉プール施設があり、大理石の柱などが倒れたまま沈んでいた。

Colossae Thermal Hotel
 Fatih, 112. Sk. No:4, 20290 Denizli Merkez/Denizli

THERMAL COLOSSAE玄関
Colossae Thermal Hotel

THERMAL COLOSSAE
研修センターみたいな安っぽいホテル

客室は狭く、部屋のセキュリティボックスの鍵が壊れていたのでフロントにクレームしたが無視された。ガイドさんがなんとか客室係りをつかまえてきたけど「どうしようもないみたい」ということで逃げていった。結局、貴重品は持ち歩くことになった。

0715410パムッカレTHERMAL COLOSSAE
室内温泉プールがあった

もちろん無料。水着は持ってきていたが、キャップがなかったので購入させられる。

夕食は屋外プールの周りのテラス席でビュッフェ形式だった。これはよかった。

0715413パムッカレTHERMAL COLOSSAE夕食
料理コーナー(よくわからない料理が多い)

0715411パムッカレTHERMAL COLOSSAE夕食
デザートコーナー(甘そうなお菓子やケーキ)

0715416パムッカレTHERMAL COLOSSAE夕食
スープ

0715415パムッカレTHERMAL COLOSSAE夕食
なかなか美味しい料理だった

このホテルでよかったこと! 夕食後に無料で「ベリーダンスショー」があった。

ベリーダンス
とてもきれいなダンサー嬢

[広告 ] VPS


5日目へ>・・・・<7日目へ