ハノイ、シェムリアップ

2014年2月24日

3日目

Hanoi

今日はハノイ市内観光。雨は降っていないが、今にも降り出しそうな感じ。

20140224 (1)

ハノイ市はベトナムの政治の中枢。しかし、まだまだ都市開発が遅れていることは明らか。実はあまり気の向かない観光へ出発。

Lang Chu Tich Ho Chi Minh
 2 Ong Ich Khiem, Q.Ba Dinh, Ha Noi

20140224 (2)
ホーチミン廟

休館日で中には入れず。

Nha San Bac Ho Chi Minh


20140224 (3)
ホーチミンの家

Chua Mot Cot

20140224 (4)
一柱寺

「一柱寺」は1049年に建てられた一本の柱で支えられたお堂。1105年に周囲に池が掘られたとのこと。

Hoankiem Lake

20140224 (5)
ホアンキエム湖

ハノイの若者の憩いの場所らしい。

20140224 (6)
湖に浮かぶ「亀の塔」

Den Quan Tran Vu
 Thanh Nien, Hanoi

20140224 (7)
鎮武観

20140224 (8)

ホーチミン廟が休館だったので代わりにここ「鎮武観」に連れてこられた。

20140224 (9)

本殿には玄天上帝が祀られている。中国から国を守る道教の神様とのこと。

20140224 (10)

鎮武観を出てすぐの道ばたでは、散髪屋や靴磨き屋が営業中だった。

20140224 (11)

それにしてもバイクの数のすごいこと。二人乗りは当たり前で、大人二人+子供三人(計五人)もあり。

続いて「文廟(孔子廟)」へ向かう。孔子を祀った、いわば学問の神様のお寺。

Van Mieu
 66 Nguyen Thai Hoc Hanoi

20140224 (12)
大中門

屋根の上に一対の鯉が飾られている。中国の「後漢書」に黄河の激流を上った魚が竜になったという伝説が書かれており、この鯉がその竜になった魚ということ。よってこの門を「竜門」とも呼び、「登竜門」の語源になっている。

20140224 (13)
大拝の庭と大聖殿

大聖殿には孔子の像のほか弟子たちの像も祀られている。

20140224 (14)

あとは土産物屋さんがいっぱい。

この後は町中に昼食のため移動。

20140224 (15)
ガイドさん

20140224 (16)

徒歩でレストランへ向かう。

BEP VIET
 13-15 Ngo Thi Nham | Hai Ba Trung District, Hanoi 84

ハノイの郷土料理店。

20140224 (17)
BEP VIET

20140224 (18)
メニュー

20140224 (19)
牛肉のフォー(フォー・ボー)

20140224 (20)
揚げ春巻きと海老のすり身のサトウキビ揚げ

とても美味しかった。

20140224 (21)

あと、このポークを食べたら、それでお腹いっぱいになった。

20140224 (22)

まず、2人でもこんなにたくさん食べられない。

20140224 (23)
チンゲンサイと野菜のスープ

食後はバンでノイバイ国際空港へ。

時間がかなりあるのでガイドさんが「陶器の村バッチャンへ行きますか?」と提案してくれたが、連れは興味がないので、空港へ直行でお願いした。

Noi Bai International Airport


空港周囲はまだまだ開発途中で、道路すら整備が完了していない。

20140224 (24)

空港出発ロビーは土産物屋ばかり。民芸品が多く、これといったものはない。ちなみに、価格は決してお安くない。

20140224 (26)

ハノイはこれでさようなら。

VN835

20140224 (27)

午後6時40分発のベトナム航空便(VN835)でカンボジアの「シェムリアップ」へ向かう。
目的は世界遺産「アンコール遺跡」の「アンコール・ワット」

20140224 (28)

機内食は軽め。カニ蒲鉾には驚いた。今や世界中で食されているらしい。

Siem Reap

約1時間40分でシェムリアップに到着した。飛行機から降りたとたん、むっとした湿気を感じる。高温多湿の熱帯性モンスーン気候で、現在は乾期だが湿気は高い。

カンボジアはビザが必要だが、外務国際協力省のサイト(http://evisa.mfaic.gov.kh/Default.aspx)で25USドルで入 手できる。クレジットカード払いでなんらかの手数料3USドルが加算されて実際は28USドルだった。ちょうど3日後に、登録したメールアドレスに返信があ り。E-VISA(PDFファイル)が添付されている。

E-VISA

20140224 (29)
E-VISA

ちなみにJALパックで代行してもらうと、1人9,000円と言われた。ツアー会社と同様に9,000円でE-Visa入手を代行してくれる怪しいサイトも あるので注意。他にも、在日大使館に依頼する方法もあるが、パスポートを郵送するというリスクがある。また、到着した空港でも20USドルで入手できるが、 すごい人数の中国人や韓国人のグループが固まりになってごった返していた。

3日間宿泊するホテルに到着。

RAFFLES GRAND HOTEL D’ANGKOR(5⭐️)
  1 Vithei Charles de Gaulle, Khum Svay Dang Kum

20140224 (30)
RAFFLES GRAND HOTEL D’ANGKOR

Elephant Bar

午後8時過ぎに「Elephant Bar」でウェルカムドリンクを飲みながらチェック・イン。

20140224 (31)

ウェルカムドリンクはマンゴー、アップル、ミントのスペシャルミックスジュース。

20140224 (32)
おしゃれなルームキー

20140224 (33)
客室

プール側のテラス付きの部屋。やや狭いが、さすが5つ星だけあって内装や家具は素晴らしい。

20140224 (35)
テラスでは喫煙OK

夜間はイモリが多数壁を這っているので、爬虫類嫌いの自分は落ち着かなかった。

20140224 (36)


20140224 (34)
フルーツは毎日無料で提供

中央の小さいのは「メイアン」というライチの味に似た果物。大きな種が入っている。果肉は透明。

さてトイレだが、さすがにここにはウォシュレットはなく、汚物入れがちゃんと用意されていた。

TOTO携帯ウォシュレット


IMG_2286.jpg

いよいよ購入したばかりのTOTO製の携帯ウォシュレットの出番。ほんと重宝した。

Cafe d’Angkor

20140224 (37)

午後9時頃、フロント階の「Cafe d’Angkor」でJALツアーのサービスで軽食を食べた。

20140224 (38)

軽食とはいえ、いやいや結構なボリュームのクラブハウスサンドだった。

1、2日目へ>・・・・<4日目へ