世界豆漿大王、JASONS、CATHAY PACIFIC VIP lounge

2016年7月13日

4日目

台湾旅行の最終日。

この日の朝食はホテルの朝食はスルーして、徒歩圏内(10分以内)にある地元の人たちが普通に利用する食堂へ行くことにする。

YouBike.jpeg
YouBike

レンタサイクルの「YouBike(Ubike)」が一台だけ残っていた。世界的な自転車メーカー「GIANT」の自転車だ。悠遊カードでも使用できるけど、台湾の携帯番号がないと登録できない。自分のiPhoneはSIMフリー端末でないので利用できない。

世界豆漿大王(スージエドウジャンダーワン)
 台北市林森北路310巷27號
 6:00~11:30、18:00~23:30

世界豆漿大王01
外観

朝食で混雑する時間は避けて午前9寺頃に行ったので行列はない。

世界豆漿大王02
看板

世界豆漿大王03
日本語の説明があるメニュー

お店のカウンター正面の壁に貼っているこのメニューで指を差して注文する。メニューの左下の写真の店主の奥さんらしき方が「どれにする?」と聞いてくる。この旅行でお気に入りになった飯糰と小籠湯包を注文した。

世界豆漿大王06
店内

すぐにテーブル席に座れたけど、それでも10名以上のお客さんがいた。

世界豆漿大王07
飯糰加蛋(45元)と飯糰加培魚蛋(55元)

飯糰加蛋は玉子入り、飯糰加培魚蛋は玉子とツナ入り。

世界豆漿大王09
飯糰加蛋

やっぱり美味しい。美味しくてお腹いっぱいになる。

世界豆漿大王10
小籠湯包(8個80元)

小さめと書いてたけど十分な大きさ。

世界豆漿大王11

肉汁もたっぷりで旨い。有名店と比べると確かに見た目の芸術性には劣るのかもしれないけど、味の方は負けてはいない。価格は半額以下。

幸せな朝ごはんのあと、お土産を買っていないことに気がつき、ホテルへ戻る途中にある「欣欣百貨」の地階の「JASONS MARKET PLACE」に行くことにした。

欣欣百貨(シンシンヒャッカ)
 台北市林森北路247号
 日~木 11:00~21:30 金土祝前日 11:00~22:00
 年中無休
 1階が「ユニクロ」なのですぐにわかる

JASONS MARKET PLACE

営業時間が9:00〜22:00なので午前中の買い物も大丈夫。「JASONS MARKET PLACE」は前身が東インド会社の「ジャーディン・マセソン・グループ」の傘下のスーパーマーケット 。いうまでもなく高級スーパーマーケット。

佳徳糕餅(パイナップルケーキ)と高級XO醬を購入した。

IMG_8761.jpg 
佳徳糕餅

IMG_8764.jpg 
佳徳糕餅

台湾では定番のお菓子。いたるところで販売されていて、行列のできる専門店ももちろんある。でも日本人の口に合うのかどうか、自分はあまり好みではない。と、思っていたら連れがホテル「オークラプレステージ台北」で購入した佳徳糕餅は違った。

IMG_8757.jpg

1個ずつ包装されている。しかもお洒落。

IMG_8816.jpg

1個あたりの価格は通常の倍額以上だけど、サイズも大きくてとても美味しい。そういうことか•••

IMG_8773.jpg 
頂級XO醬(630元)

試食を勧められて美味しかったので買ったのだけど、正直高いと思った。実は食べるラー油と思っていた。XO醬とわかればなんとなく納得する。まだ使用していないので味の方はわからない。

ほかにドライマンゴーを一袋購入して買い物終了。次はホテルに戻って1階の「LADY M」のミルクレープを購入。

LADY M
 リージェント台北1階
 10:00〜21:00
 テイクアウト専門店

LADYM01.jpeg
外観

LADYM03.jpeg
ショーケース

ミルクレープで有名なケーキ屋さん。いつも長蛇の列ができていたけど、運良く行列がなかった。

LADYM04.jpeg

緑茶ミルクレープ(280元)とパッションフルーツミルクレープ(260元)を購入。部屋に持ち帰って食後のデザートタイム。層状になっているけどとても柔らかい。2番人気という緑茶は甘味控えめで大人向き。パッションフルーツも甘さは控えめで、生クリームとフルーツの味がたまらない。あっという間に食べてしまった。

さて、いよいよ正午も近くなったので、フロントでチェックアウト。荷物はコンシェルジュ・カウンターで預かっていただく。JTBの送迎バスは午後2時20分にピックアップの予定。まだ時間はたっぷりあるけど、こんな暑い日に外に出て汗をかいても、着替えはスーツケースの中だからホテル5階にある「ルックJTBラウンジ」を利用することにした。

ルックJTBラウンジ
 リージェント台北5階
 7:00〜22:00

JTBラウンジ04
ルックJTBラウンジ

ここでコーヒー、ジュース、マンゴー・ビールをいただく。

JTBラウンジ02
コーヒー、アップル・ジュース

JTBラウンジ01
マンゴー・ビール

これはあまりいただけない。マンゴーをビールにしちゃあダメでしょう。

軽食もあったけどすでにお腹がいっぱいで、昼ごはんも食べる気がしない状態。うたた寝をしながら過ごした。

そして、ほぼ定刻にピックアップのバスが来て桃園国際空港へ。

桃園国際空港

搭乗手続きを済ませ、セキュリティチェック、出国審査も問題なく通過する。
さっそくラウンジへ向かう。

CATHAY PACIFIC VIP lounge
 桃園国際空港第1ターミナル4階

キャセイラウンジ03
セルフのドリンクバー

キャセイラウンジ05
フードホール

牛肉麺、担々麺、小籠包などがあり、オーダーするとフードコートで使われている呼び出し装置を渡される。

キャセイラウンジ02
牛肉麺

今回、食べていない牛肉麺をお願いした。やっぱり八角が使われているけどもう慣れて来た。

キャセイラウンジ07

ラウンジでは無料Wi-Fiが使用でき、素敵なインテリアの会議室みたいな部屋、iMacばかりのPCルーム、バーカウンターのある部屋、雑誌がたくさんある図書館みたいな部屋、リクライニングチェアでくつろげる部屋など、とにかく滅茶苦茶広くて豪華な設備になっている。
桃園空港02
CX510

CX510

台湾桃園国際空港発(午後5時45分:日本時間午後6時45分)→福岡着(午前9時20分)

CX0510-2.jpeg
さよなら、また来よう

CX0510-4.jpeg
機内食メニュー

CX0510-6.jpeg

帰りもチキン料理でお願いした。グリルチキンにカボチャのピューレが載ったもの。すごく美味しかった。当然完食。

帰りの便は搭乗が40分近く遅れたにもかかわらず、定刻で帰国した。