FC2ブログ

新潟2泊3日の旅

新潟2泊3日の旅

平成29年12月22日

初めての新潟。東京駅から上越新幹線に乗車して約2時間程度で新潟駅に到着した。駅ホームに立つと肌に刺すような寒さ。

IMG_9909.jpg

8両編成の車両2本を連結した16両編成。16両編成時の定員1,634名は、高速車両としては世界最大の定員数。でも、なんでわざわざ連結するのか?どうでもいい疑問。

ホテルメッツ新潟
ホテルメッツ新潟

 新潟市中央区花園1丁目96番47号
 TEL:025-246-2100/FAX:025-246-2114

新潟駅に隣接したこちらのホテルにまず1泊。チェックインにはまだ時間があり、荷物を預けて観光に出かけた。外は雨が降り出していたので、フロントで傘を借りた。

実は、事前にいろいろ調べてきてはいるが、2泊でまわれるようなこれといった観光地が見つからなかった。でも「新潟市観光循環バス」というのを見つけておいたので、その路線にあるスポットをまわることにした。駅前のバスターミナルのチケット売り場で1日乗車券と観光循環バスMAPを入手した。

IMG_0489.jpg
1日乗車券(500円)

新潟市観光循環バスMAP
新潟市観光循環バスMAP

午後の限られた時間しかないため、マップを見て「白山神社」→「新津記念館」→「旧小澤家住宅」→「歴史博物館」→「朱鷺メッセ」の順に回ってみようと決めた。「白山公園前」でバスを降りると、雨が勢いを増して、あられ混じりの大雨になった。

IMG_9913.jpg
白山神社(鳥居)

IMG_9914.jpg
境内の公園

IMG_9917.jpg
本殿(正面)

【白山神社】
新潟県新潟市中央区一番堀通町に位置する、彌彦神社、新潟縣護國神社とともに、新潟県を代表する神社の一つ。白山神社の御祭神、菊理媛大神(くくりひめのおおかみ:白山大神)は、加賀の霊峰白山頂上に祀られている女神様。この神様を勧請して新潟の地に祀ったもの。願うことを正しく、よい方法でお導きくださり、乱れた糸をくくり整えるように融和して仲を取り持つことから、縁結びの神様として有名。

IMG_9918.jpg
本殿(左から)

まず、社務所で御朱印の記帳をお願いして参拝に向かう。雨は激しくなるばかりで一向におさまりそうな気配はない。参拝を済ませてから、雨が小降りになるまで社務所で雨宿りをすることになった。

IMG_0492.jpg
御朱印

20分ほど待ったか、雨も小降りになったので新潟市上小町商店街(通称カミフル)へ向かった。

IMG_9927.jpg
カミフル

白山公園から徒歩ですぐの場所。観光客で賑わっている商店街を想像していたけど、ひと気のないシャッター通りだった。そんな中でこちらのカフェを発見。

IMG_9923.jpg
古町糀製造所 古町本店

 新潟県新潟市中央区古町通2番町533
 025-228-6570
 11:00~18:00
 [12月〜2月]10:00〜17:00
 定休日:火曜日

IMG_9926_20180117230250be7.jpg
糀・豆乳シナモン

糀ドリンクを飲んで、ちょっとだけ体が温まる。糀を利用した化粧品も販売していた。
観光マップを見ていて、新津記念館が徒歩圏内であることがわかり、早速小雨の中を足早に向かった。

IMG_9929.jpg
新津記念館

IMG_9932.jpg
休館中

到着してがっかり。冬場は休館の案内看板。どっと疲れが出る。ここにも「新潟市観光循環バス」のバス停があったけど、あと20分も持ち時間があった。というか、この観光循環バスは1時間に1本しかこないという事実に気づいた。全く役に立たない。とはいえ、次の目的地「旧小澤家住宅」は徒歩ではちょっと無理。なのでしかたなくバス停で時間を潰すことになった。途中でタクシーが通ったら止めるつもりだったけど、空車タクシーが全く通過しない場所。

IMG_9934.jpg
旧小澤家住宅

やっとのことで到着。こちらは閉館でなかったのでホッとする。

【旧小澤家住宅】
旧新潟町に現存する町家では最も古いものの一つで、江戸時代後期から新潟町で活躍していた商家・小澤家の店舗兼住宅。平成14年に、小澤家から新潟市へ土地と建物が寄贈された。新潟町における町家の典型例であり、明治時代に成長した豪商の屋敷構えを構成する一連の施設が、ほぼそのまま残されている。

IMG_9935.jpg

入館料を支払って中を見学。

IMG_9936.jpg

家の中は古い木造住宅特有の匂いが漂っている。当時としては豪邸だったのだろう。

IMG_9938.jpg

さほど広くはないけど立派な日本庭園。

こちらの受付の女性に、次は「歴史博物館」に行くと告げると、親切に近道を教えてくれた。ちなみに「観光循環バスは待っててもしようがないから、歩いた方がいいですよ」とダメ押しをされた。なんのために1日乗車券を買ったのか意味がわからない。

IMG_9940.jpg
雑貨屋?

旧小澤家住宅の反対側に見つけたお店?覗き込んでいたら、本物のネコがいたのでびっくりした。

IMG_9941.jpg
新潟市歴史博物館

最初は入館しようかと思っていたけど、時刻も夕刻となり、そもそも新潟の歴史には正直あまり興味はなかったので、先を急ぐことにした。

IMG_9942.jpg
朱鷺メッセ

信濃川をはさんで向こうに見えるのが「朱鷺メッセ」。結局そこまで徒歩で行くことにした。本来雨の中を歩くのは好きではないけど、ポケモンGOをしながら、実装されたばかりの新しいポケモンがたくさん出てくるので、その分楽しかった。

IMG_9943.jpg
佐渡島行きのフェリー

時間があれば、ぜひ佐渡まで行ってみたかったけど、今回の日程では無理。

IMG_9952.jpg

朱鷺メッセに到着。ホテル日航新潟のビルだった。

IMG_9953.jpg

展望フロアや美術館もある。本来なら高いところは大好きだし、美術館も好きなのだけど、夕食でお寿司屋さんの予約をしていたから、時間があまりないのでスルーした。

ここの観光循環バスのバス停で3度目の乗車をし、新潟駅へもどった。ホテルにチェックインしてから、予約しておいたお寿司屋さんの場所をGoogle Mapで確認。ホテルから徒歩で10分ほどの場所だった。

IMG_9958.jpg
雪家

 新潟県新潟市中央区明石1-1-10
 025-278-7350
 18:00~23:00(LO.22:30)
 定休日:日曜・祝日・新潟中央市場休市日

こちらの店主さん、一見気難しそうだけど、それは見かけだけ。とても気さくな方で、新潟のこと、お酒のこと、寿司ネタの魚のこと、自身の寿司哲学など、話と酒がすすんだ。

IMG_0080.jpg

おまかせコースしかないけど、とてもリーズナブル、いやとてもコスパのよい、素晴らしい寿司店だった。
大満足な夕食の後は、寒い上、本格的に雨の降る中を足早にホテルに戻った。

平成29年12月23日

この日も曇天。雨が降っていない分、これでも冬の新潟ではよい天気らしい。朝食はホテルの朝食券を利用して同じビルの居酒屋さんでとる。

ぽんしゅ館 魚沼釜蔵
 新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館1F
 025-240-7092
 6:30~10:00 11:00~23:00
 不定休

IMG_9986.jpg

「のっぺ汁」を初めて食べた。あっさりしているけど美味かった。ほかの料理は特に新潟感はなかった。
食後は「魚沼釜蔵」の土産物コーナー「目利き屋」や93蔵のお酒の利き酒ができる「越後のお酒ミュージアム」をみて回った。

ホテルをチェックアウトした後、1日遅れで東京から来た息子たちと合流。向かったのは月岡温泉。

IMG_9999.jpg
白玉の湯 華鳳

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で2017年のトップ3にランクインした老舗旅館。

IMG_9998.jpg
フロント階

すごく豪勢な内装にびっくり。

IMG_0018.jpg
宴会を行う別棟

数日前に改築が終わったばかりだった。

IMG_0021.jpg
立派な日本庭園

全てが規格外のスケールの旅館。昼食、夕食と見事なコース料理を食べたけど、画像は完全に撮り忘れた。なるほど建物だけではなく料理の方も申し分のない旅館だった。スタッフの仲居さんやフロア係の方たちのおもてなしも素晴らしく、トップ3の風格が感じられた。館内の温泉も素晴らしかった。日常を忘れてくつろげた。

IMG_0003.jpg
客室から

IMG_0012 2
客室から

周りに田んぼ以外は何もないのが、逆に贅沢にも思えてくる。

平成29年12月24日

正午前に旅館をチェックアウト。まず、向かったのは弥彦村。彌彦神社の参拝と御朱印をもらうのが目的。

IMG_0022.jpg
彌彦神社の鳥居

IMG_0025.jpg
参道

IMG_0027.jpg
彌彦神社

【彌彦神社】
霊峰弥彦山の麓、樹齢400~500年の杉や欅に囲まれた深い杜に佇む彌彦神社は越後国一宮である。『万葉集』にも歌われる古社で、祭神の天香山命(あめのかごやまのみこと)は、越後国を造った神として弥彦山に祀られ「伊夜比古神」として崇敬された。

IMG_0493.jpg
御朱印

参道の入り口付近には土産物屋や旅館があるが、その一角に「明治天皇行在所」の石碑と小さな公園がある。

IMG_0028.jpg
明治天皇行在所の碑石

IMG_0029.jpg

明治天皇行在所(弥彦神社神官宅跡)概要
明治11年(1978年)9月15日、明治天皇が北陸ご巡幸の際、弥彦神社の祠官、五十嵐宅の奥庭に設けられた行在所に宿泊された。その後、明治45年(1912年)の弥彦大火で行在所の建物は焼失したが、現在は跡地をポケットパークのように整備されている。

昼食は「新潟タレかつ丼」を食べようということになり、三条市の有名なお店に行くことになった。

とんかつ三条
 新潟県三条市東三条1-3-27
 0256-35-2043
 11:00~22:00(L.O.21:30)
 不定休

IMG_0033.jpg
新潟タレかつ丼

美味しくいただきました。汁だくでもOKだったらしいので残念。
これで時間切れになり、急いで高速道路で新潟駅に向かう。

IMG_0038.jpg
新潟駅新幹線ホーム

見たことのない黒い新幹線が止まっている。ググったら「現美新幹線」というらしい。

genbi.jpg
GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)

こちらが全貌。2016年4月より上越新幹線「越後湯沢~新潟間」で運行されている、新幹線で移動しながら現代アートを鑑賞するというユニークなコンセプトな車両。注目のアーティストの現代アート、いがらしろみ氏が監修した地元の素材にこだわったスイーツ、燕三条で人気の「ツバメコーヒー」を提供するカフェ、現代アートに直接触れることができるキッズルーム、など、様々な魅力が提供されている様子。

機会があれば一度乗車してみたいが、「越後湯沢~新潟間」だけとなると、ないだろうな。

IMG_0048.jpg
越後湯沢温泉一本杉スキー場

新幹線の駅のすぐ近くにスキー場があるなんて、家族連れには便利なんだろうな。

この後、無事に羽田発、宮崎行きのJAL便に間に合った。新潟は食べ物は文句なく美味しかったけど、観光には向かないのかもなと思った。