横浜

平成25年6月3日

久しぶりに横浜へ。

みなとみらい線終点「元町・中華街駅」

yokohama201306 (1)
元町・中華街駅で下車

yokohama201306 (2)
朝陽門

中華街入口近くで地上にでる。

ホテルモントレ横浜 (Hotel Monterey Yokohama)
 横浜市中区 山下町6−1

yokohama201306 (3)

山下公園の方へ歩いていき、5分ほどで到着する。

yokohama201306 (4)

客室内ではWiFi接続が無料。

このグループのホテルは、部屋の家具・インテリアは骨董品が使用されている。 なのでテーブルや箪笥には傷やシミが多数。 ホテルモントレ横浜はフランスをイメージモデルにしている。

山下公園

yokohama201306 (5)
氷川丸方面

yokohama201306 (6)
みなとみらい方面

yokohama201306 (7)
赤い靴はいてた女の子の像

【メモ】 赤い靴はいてた女の子の像
明治37年7月15日、清水市生まれの岩崎きみという少女。 母かよと北海道に渡り、2歳の時にアメリカ人宣教師ヒュエット夫妻に養育を託される。 母はきみがアメリカで幸せに暮らしていると信じたまま64歳で他界。 「シャボン玉」の歌で有名な野口雨情が生前の母かよから、手放してしまったことに対する後悔の念と会いたいという思いを聞き、横浜の埠頭からアメリカに渡った少女として歌にされたというのが定説。 しかし、きみは結核を患ったためアメリカには行けず、麻布にあった孤児院に預けられ、9歳で短い生涯を終えていた。 山下公園以外にもゆかりの地に像が設置されているが、実は一番有名なここ山下公園には来たことはないと思われる。

平成25年6月4日

元町

午前中に所用を済ませ、昼食に元町へ出かける。
元町ショッピングストリートを徒歩で5分ほど歩いて、目的の蕎麦屋さんに到着。

横浜元町 一茶庵
 神奈川県横浜市中区元町1-40 高山ビル2F

流石に全国で大勢のお弟子さんが活躍されている老舗。ここは二八そば。細く切られた麺は腰があって香りも最高。「つけ鴨せいろそば」を食べた。いつ来ても美味い。

午後は仕事。夕食はコンビニで弁当を買った。 中華街がすぐそこにあるというのに、全く食べたいと思わない。 それに1人だと注文が大変。 たいてい一品か二品だが、一品だと足りないし、二品だと残してしまう。

ホテルの部屋でチーズとベーコンをつまみにビールを飲みながらW杯アジア最終予選を観戦。 ザックジャパン、オーストラリアに引き分けでW杯本大会進出が決定。 決めたのは本田のPKだった。 どんな心臓してんだ!すごかった。

平成25年6月5日

午前中に仕事を済ませ、昼食はコンビニのパンを買ってホテルで食べた。 午後は予定がない。
そこで、以前から気になっていた「横浜赤レンガ倉庫」に行ってみることにした。 山下公園から徒歩で歩いて行くことにした。

yokohama201306 (11)
山下臨港線プロムナード

【メモ】 2002年に完成。 過去の国鉄山下臨港線跡を流用して建造された新港地区と山下公園とを結ぶ遊歩道。

横浜赤レンガ倉庫

yokohama201306 (12) 
横浜赤レンガ倉庫

yokohama201306 (13)
横浜赤レンガ倉庫

横浜には何度も来ているが、今回初めてここに来た。 残念ながら、親父にはあまり縁のない所だった。

ここから、やはりまだ行ったことのない「馬車道」へ向かう。

馬車道

yokohama201306 (14)
馬車道

緑のドームは神奈川県立歴史博物館

yokohama201306 (15) 

yokohama201306 (16)

yokohama201306 (17)

学生時代に桑田佳祐の作詞作曲で中村雅俊が歌った「恋人も濡れる街角」
この曲の歌詞に「馬車道」が出てくる。
こんなエロい歌詞を中村雅俊が歌ったことが驚きだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
港の街によく似た女がいて
Shyなメロディ口ずさむよ
Hum通り過ぎりゃいいものを
あの頃のRomance忘れず
ああ、ときおり雨の降る
馬車道あたりで待っている
もう、このままでいいから
指先で俺をいかせてくれ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後は、みなとみらいまで歩いてみた。 結構な時間がかかった。

日本丸メモリアルパーク

yokohama201306 (18)
日本丸メモリアルパーク

夕食はときどきTVで紹介される「新横浜ラーメン博物館」に行ってみることにした。

新横浜ラーメン博物館
 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

yokohama201306 (20)
新横浜ラーメン博物館

新横浜駅から徒歩で5分ほどの場所だった。 入場料300円払って入場したはいいが、客がいなくてひっそりしていた。

麺の坊 砦

唯一の極細麺の店「麺の坊 砦」 で博多ラーメンを食べた。

yokohama201306 (25)

結局、4日間の横浜滞在で中華は一度も食べなかった。