EMOBILE のポケットWiFi「GL10P」はやっぱり使えない?

EMOBILE「GL10P」を普段は職場で使用するか、出張や旅行の際に使用している。
自宅にはルーターでのWiFi環境があるので必要がない。

「GL10P」は起動すると最初は必ずソフトバンク「4G」に接続される。
これがまた速度が遅い。
ネットブラウジングすら苛つくレベル。
動画やネットゲームはまず無理。

でも地方では「4G」の接続が不安定なのか、5分〜10分くらいで「LTE」に切り替わる。
そうすると快適に使用できるようになる。
もともとEMOBILE「LTE」は優秀で評判がいい。
なので、「iPhone5s」のWiFiセット割のこともあって我慢している。


先日、大阪と京都に行ったので、いろいろな場所で「GL10P」を使用してみた。

大阪駅構内、伊丹空港、高速バスの中、電車の中、京都駅構内、ついでにホテルの5階客室でも使用してみた。
結果、どこでも「4G」で接続され、「LTE」や「3G」に接続されることはなかった。、

田舎とはレベルが違った。
次のページが表示されるまでに、トイレに行って用を足してきても、まだ表示されていないほどめちゃくちゃに遅い。

メールの受信もあまりに遅いので腹が立つレベル。

ネットゲームなど論外。

ネットの評価は正しかった?

ネットであれほど酷評されていて、多くのユーザーが改善要求を出したとされているが、EMOBILEのホームページで、この件については全く触れられていない。

4月に入って「価格.com」での評価がどんどん落ち込んで来ている。
「この不具合?を理由に解約をしても違約金はちゃんと請求されるらしいから酷い。」
とか
「違約金で商売している。」
といったコメントもみられる。

で、一言、苦言を呈したくてEMOBILEに問い合わせをしてみた。

返信が来た。

「お客さまのご利用状況をお調べいたしましたところ、2014年4月2日に1GB以上のご利用が確認できましたため、2014年4月6日の午前6時まで帯域制御の対象となっておりました。」

「えーーー??」

調べてみると、なるほど確かに2日間で1GBを超えていたのは事実だった。

「しまっ・・・た。」

でも、いつもと同じように使用していて、なんで2日間で1GBを超えたんだろう。
不思議だ。
動画鑑賞やネットゲームは始業前や休憩時間に各々10分間くらいしかしていない。
たった2日間で1GBを超えるようなヘビーな使用はした覚えがない。
同じように使用していて「GL04P」のときは月4GBちょっとが最大の使用だったのに。

納得がいかないとはいえ、これを証明する方法はない。

結局、こういうことになる。
1. 3日間で「1GB」を超えて帯域制御対象になると「GL10P」は3日間は全く使い物にならない。
2. 月7GBを超えた場合は翌月まで使い物にならない。
3. 帯域制御対象でなくてもソフトバンク「4G」に接続されている時は、かなり遅いので忍耐が必要。
4. 快適なEMOBILE「LTE」にはユーザーの判断では接続できない。

一番問題なのは3番目と4番目。
「手動によるLTE回線への接続切り替えにつきましては担当部署へ申し伝えさせていただき、今後の製品開発に役立ててまいります。」と、メール文にあったのが、せめてもの救いだった。